ホーム > 受験生のみなさん > 教育環境

教育環境

 応用化学科では、建物の改築や実験設備の充実などハードウエア面のみならず、効果的なカリキュラムの編成や学生支援体制の充実などソフトウエア面においても教育環境の充実を図っており、化学の教育・研究を行うための環境が十分整っています。

カリキュラム

 応用化学科では、4年間の学習により、化学の幅広い分野で“専門知識”を活かして活躍できる人材を育てることを目標としています。そのため、応用化学科では、“応用化学”の基本となる物理化学、有機化学、無機化学、分析化学、化学工学の講義をバランス良く開講しており、カリキュラム沿って単位を取得すれば、4年間で化学技術者・研究者の基礎が充分身に付くように設計されています。
 学年進行にともなう具体的な講義の内容を見てみると、1〜2年生では、今後、社会で活躍するために必須となる英語力、“学士”の称号にふさわしい一般教養に加えて、本格的な専門科目や学生実験を学ぶために必要となる専門基礎科目を修得します。続いて、2年生〜3年生では、それまでに学んだ基礎科目の知識を活かして、より高度な専門科目を学びます。特に応用化学科では、2〜3年生の間に学ぶ応用化学実験T〜Wによる実践教育に力を入れています。もっと詳しく講義について知りたい方は、応用化学科時間割を参考にしてください(時間割はこちら)。
 4年生になると、多くの学生は、卒業研究に専念することになります。卒業研究では、自ら選んだ指導教員(先生)の研究室で、1年間を通して“応用化学”に関する最先端の研究に取り組みます。ディスカッション(専門家同士の議論のこと)で先生を打ち負かせば、一人前の研究者です。また、自分の研究テーマで良い成果が得られれば、専門家が集まる“学会”と呼ばれるところで、成果を自慢することができます。

 

 応用化学科に入学して化学者、技術者を目指しましょう!
 皆さんに講義室で会える日を楽しみにしています!

建物および施設

 応用化学科棟は1号館と2号館で構成され、1号館は平成15年の耐震工事の際、全面改装され最新の設備に更新されました。2号館は平成29年度に改修工事が予定され、1号館と同様に最新の設備に更新され、より充実した設備となる予定です。
 このほか、多くの測定機器を備えた科学分析支援センターも学生実験や卒業研究で利用され、非常に高額な分析機器も学生が使用できます。

講義室・セミナー室

 通常の講義室のほかに、研究報告会などを行う小規模なセミナー室があります。 これらの部屋全てにプロジェクターが設置されており、当学科の学生の講義だけでなく、プレゼンテーションの練習にも使用されています。

   

実験室

 実験台にドラフトチャンバー(排気設備)を備え学生の安全に配慮した実験室となっています。従って、有害な化学物質を使うことのある学生実験でも大きな事故が起きたことはありません。

 研究で用いる最新の分析機器も整備されています。 これらによって学生は物質や装置の扱いに熟練できます。

   

図書室および自習室

 図書室や自習室などを備え、学生の自主的な学習を支援しています。 これらの部屋全てで無線LANが使用可能であり、いつでもWebシラバスやWeb学生システムなどから情報を取得できます。(建物改修のため、現在利用できません)

   

学生支援体制

 応用化学科では,様々な学生支援をしています。
 各学年には学年担任を置いており,細かな教育支援体制を整備しています。
 また,カリキュラム委員の教員による将来を考えた履修科目の取り方の相談や,就職担当教員による就職活動支援や将来の進路についての相談を行っています。
 さらに,教員が特定の時間帯をオフィス・アワーとして設け,その時間は担当科目などに関する学生の質問や相談に応じています。

      

その他

 応用化学科では,教員だけでなく学生が主体となって行っている行事もあります。例えば,毎年春には2年生が主体となり,新入生歓迎会を開催しています。また,卒業論文発表会後には3年生が主体となって4年生の送別会を開いています。いずれの場合も学生が中心となって,学年担任がアドバイスする形で行事を開催しています。このような行事によって,各学年間の交流,さらには同学年,教員との交流が図られていることも応用化学科の特徴といえます。

PAGE TOP