ホーム > 受験生のみなさん > 卒業生インタビュー > 大島大樹さん(2012年修了生)

卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

 埼玉大応用化学科を卒業したらどのような職に就き,社会で活躍できるのでしょう?このホームページ内にある就職や進路のページに詳しい情報がありますが,このページでは当学科を卒業して社会で活躍している3名の方(大島さん川村さん塩澤さん)のインタビューを掲載しています。卒業生から見た当学科はどのような評価でしょうか?また、卒業生から受験生へのアドバイスなどもありますので、ぜひ参考にして下さい。

 

2012年応用化学コース修了(大学院)
大島 大樹 さん

2010年 工学部 応用化学科卒
2012年 大学院 理工学研究科 化学系専攻 応用化学コース卒
現在 田辺三菱製薬株式会社 CMC本部 分析研究所勤務
修論テーマ 「ポリアクリルアミドゲル電気泳動法を基盤としたタンパク質−金属イオン二次元マッピングシステムの開発」
受験生へのメッセージ

埼玉大学 応用化学科は、学生間の仲がよく大変過ごしやすい環境です。また、真面目な学生が多く、勉学に集中できる環境も整っています。さらに、教職員の方々の面倒見も良く、私も勉学から就職活動まで、大いに助けていただきました。オープンキャンパス等も積極的に開催していますので是非一度見学に行くと良いと思います。

現在のお仕事について教えて下さい。

 今日,有効な治療法がない疾患が世界にはまだ数多く存在しており、その疾患に対する医薬品の研究開発が強く望まれています。これに対し弊社は,このアンメット・メディカル・ニーズに応えるため、多くの新薬の開発に力を入れています。その中で私は,開発段階の新薬(治験薬)の物性把握や、高品質な医薬品を患者さんにお届けするための品質管理方法(分析法)の開発を行っています。

どうして埼玉大応用化学科への入学を選びましたか?

 有機、無機、分析と化学系の知識全般を学ぶことができ、就職の選択肢が広いと考えたためです。
 また、国立大学ということもあり、安い学費で充実した教育が受けられることも大きな魅力でした。

応用化学科でどの様な事を学べましたか?

 化学系の企業に就職するための基礎知識は勿論、就職してからも役立つ実践的な知識・経験を積むことができました。

学科での雰囲気,学生生活について教えて下さい。

 学生間の仲がよく、皆で協力して試験を乗り切ったのは良い思い出です。1〜3年は座学中心で、授業とサークル活動やアルバイトを両立している学生も多かったと思います。4年生になり、研究室に配属されてからはとにかく研究が忙しくなりましたが、同時に最も充実した期間でもありました。

卒業した後の感想は。

 授業で学んだ知識は就職後も役立つため、1〜3年時の授業が如何に大切だったかを今更ながら痛感しています。
 ですが、ここでしっかりやっていければ、その後どの大学の学生とも渡り合えると断言できますよ。

就職活動はどうでしたか?

 教職員の方々の手厚いサポートには大いに助けられました。
 また、大学が首都圏から近いため、就職活動がしやすかった事も良かった点の一つです。

なぜ大学院への進学を決めましたか?

 専門的な知識を必要とする研究者になるためには、大学院でより深い知識を得る必要があると考えたためです。

大学院の経験について教えてください。

 大学院では、後輩の指導や学会の参加など、研究に限らず様々な経験を積むことができました。
 結果、研究者としてだけではなく、人間的にも大きく成長できたと思います。

受験を考えている方に一言。

 大学選びは、自分の将来を左右する大きな選択だと思います。
 後悔しないよう、自分が納得するまでよく考え、受験勉強を頑張って下さい。

PAGE TOP