工学部 応用化学科

学科紹介

教育

カリキュラム

 応用化学科では、化学分野全体を網羅した高度な知識と技術を活かし、先進的な化学技術の開発ができる人材の育成を目標としています。より具体的に言うと、次世代の様々な社会ニーズを化学的視点から応えて、高機能物質や材料、医薬品などを作り出せる人材の育成です。
 この様な教育を実現するために、「物理化学」、「無機化学」、「有機化学」、「分析化学」、「プロセス工学」等の、化学全体を学ぶ上で欠かせない基盤要素となる学問分野に加え、「材料化学」、「高分子化学」、「生命化学」、「環境化学」等の応用的な化学分野までを包括的に学べるカリキュラムを設計しています(下記の応用化学科専門科目表を参照)。
 当学科のカリキュラムは、以下の5つに大別されます。

 

(1) 外国語科目および基盤科目

1、2年次に用意された外国語および基盤科目は、責任ある社会人、技術者として基礎的かつ必須の授業です。特に、必修の英語は社会の国際化にあって、必要な基礎教育であると同時に科学技術分野において重要なコミュニケーション能力の基礎となります。工学部基盤科目は、工学を学ぶ上で必要となる基礎知識と技術を身につけるための科目です。

 

(2) 理工系基礎教育科目および工学部教養科目

幅広い工学分野の理解に必要な基礎学力を身につけることを目的として、数学・物理・化学・生物等の自然科学から工学の基礎を学習できる科目群です。これらの科目は、社会において化学分野の知識を工学的に活かすための基礎力を身につけるものと位置付けられます。

 

(3)学科専門基礎科目

様々な工学分野で化学的知識を応用するために、重要と位置付けられる科目です。


(4)学科専門科目

応用化学科において最も重要な科目群であり、39科目もの幅広い講義が用意されています。特に、「応用化学実験I~IV」を含む必修科目は、実践的な化学技術者・研究者の養成に必須の科目と位置づけています。指定選択科目は、応用化学の専門知識の修得を目指したものと位置付けられており、必修科目と指定選択科目を履修することで化学分野を網羅できるように設計されています。選択科目は、化学における先端的応用分野に関する講義を含んでおり、関連分野へ進もうとする場合には必須の科目となっています。


(5)イノベーション科目群

工学と社会科学の融合も含めた科目群で、社会や地域に関わる課題に対する科学的理解と、課題解決に向けて自立的に行動できる能力を身に付けるための科目です。

 

 この他に工学部の他学科で開講される科目である学際専門科目があり、化学以外の工学系関連分野への視野を広げ、将来的に進む化学分野によっては重要となる周辺知識を学ぶことができます。
 4年次には必修科目「卒業研究」を中心に、工学系社会人として自立するための教育を含めた総合的な学習プログラムを用意しています。研究開発能力、問題解決能力、技術者としての倫理や化学技術の最前線に関する知識を修得することが目的です。

 

応用化学科専門科目 必修科目 指定選択科目

分類
内容
1年次
2年次
3年次
4年次

第1・2ターム

第3・4ターム
第1・2ターム
第3・4ターム
第1・2ターム
第3・4ターム
第1・2ターム
第3・4ターム
理工系基礎教育科目(D1)
共通
理工学と現代社会
数学
微分積分学基礎I
微分積分学基礎II
確率・統計基礎
線形代数基礎
物理
力学基礎
電磁気学基礎
化学
物理化学I
物理化学II
有機化学I
無機化学I
生物
生物学基礎
工学部教養科目(D2)
情報基礎
工学入門セミナー
科学技術英語
エネルギー環境問題・現代社会概説・科学技術史・技術者倫理
学科専門基礎科目(D3)
機械工学概論
応用数学
基礎電子物性1) 計測工学1) デバイス工学1)
学科専門科目(D4)
環境化学基礎
環境化学I
環境化学II
環境保全マネジメント1) 環境アセスメント1)
生命化学
分子生物学
物理化学IV
量子化学
プロセス工学I
プロセス工学II
有機反応化学I
有機反応化学II
有機化学II
有機分子工学I
有機分子工学II
高分子化学I
高分子化学II
分子構造解析
有機材料化学
機器分析I
機器分析II
無機化学II
無機化学III
無機材料化学
物理化学III
化学反応速度論
分析化学I
分析化学II
演習
物理化学演習I
物理化学演習II
分析化学演習
無機化学演習
有機化学演習I
有機化学演習II
プロセス工学演習
学生実験
応用化学実験I
応用化学実験II
応用化学実験III
応用化学実験IV
インターンシップ
卒業研究
卒業研究I
卒業研究II
※卒業研究IA
※卒業研究IB
イノベーション科目(D6)
化学と職業
社会デザインプロセス論・社会的意思決定論・システムデザイン序論・イノベーションとマーケティング・産業創成論・技術者のための産業経営論・課題解決型演習I・課題解決型演習II・科学技術と知的財産

※印の科目は、早期卒業対象者のみ履修可。 1)学際専門科目(D5)(2~4年次)