工学部 応用化学科

学科紹介

教育

高等学校への出張講義

 応用化学科では、高校への出張講義を実施しています。
 本学科で行われているさまざまな化学分野の研究と関連する話題、それらと高校での学習との関係、応用などについて教員が高校に出向き、講義を行います。

 埼玉大学のホームページの「受験生の方>受験生向けイベントを知りたい>大学見学会・進学説明会・出張講義」にあります申込用紙にご記入の上、メール添付にてお申し込みください。

  「液晶を知ろう -性質と構造の関係、そして用途―」 廣瀬 卓司

  “液晶”という言葉は、今やもう皆さんにお馴染みだと思いますが、どのような物か知ってますか。その性質、第4の状態とも呼ばれる”液晶状態”とはどのような状態で、どんな性質を持っているか。どうしてそうなるのか。構造の観点から説明します。そして、その合成方法と今後の用途についても紹介します。

  「界面化学で高分子を作ろう!  ―人工イクラから色の変わる高分子超薄膜まで―」 藤森 厚裕

  "界面"という反応場で,実際にナイロン,マイクロカプセル,有機分子超薄膜を作ってみましょう.身の回りにあふれる,プラスチック,ビニール,繊維,洗剤,化粧品,食品に広く用いられている科学技術が体験できます.更に,高分子ナノ薄膜を題材に,光重合と色相転移から推測される『有効共役長のナゾ』を解き明かしてみましょう.

  「今、シリコンがおもしろい!」 幡野 健

  先端技術を代表するCDや半導体、手触りの良いシリコン(シリコーン)の主成分は、実は道端に転がっている石の主成分と同じシリコン (ケイ素)なのです。シリコンを使った材料の紹介や今後の展望についてお話しします。また、簡単な実験も行います。

  「放射線の検出と機能性色素」 太刀川 達也

  東日本大震災以来、漠然とした不安となっている放射線について、その種類や単位(グレイやベクレル)、利用されている分野、人体への影響、環境中での放射線などについて紹介するとともに、放射線を当てると赤色や青色に発色する”機能性色素”という新しい有機化合物を使って、目に見えない放射線を目視で検出する研究について紹介します。