ホーム > 学科紹介 > 研究 > 研究室の紹介

研究

研究分野

無機化合物の機能を引き出す −無機材料化学・触媒化学

 触媒は、無機材料の中でも超微粉末のうえ多成分が複雑に絡み合い、構造や機能が非常に複雑です。当研究室では独自の触媒調製技術を駆使して、水素エネルギーシステムや省エネルギー化学プロセスを構築するための新しい高機能触媒の開発を進めています。

 多くの元素を対象とする無機化合物は構成する原子の種類に応じて様々な構造をもった結晶を形成します。当研究室では,化学の視点から結晶構造を利用した,無機材料(セラミックス)の研究開発,および電気化学を活用した電極材料の研究開発を行っています。


  

分子の設計と機能発現 −有機材料化学・プロセス工学

 有機合成技術やそれを利用した高機能な有機材料の開発を行っています。具体的には光学活性物質や有機金属化合物の合成と利用、液晶材料、液晶性電荷輸送材料、化学物質や電磁波などの外部刺激に応答する機能性色素材料の開発を進めています。また、材料を製造するプロセス工学のシミュレーションにより、液ジェットの液滴への分裂、原子力プロセス、プラスチック成形加工などの設計支援も行っています。

 

  

新たな化学計測システムを生み出す −分析化学・物理化学

 物質の量や濃度の測定だけではなく,構造や物性,さらには分離場および反応場の状態に関する情報を獲得することを目的とし,物質が置かれる場の化学を探求して,新規な計測機能を生み出す戦略を打ち立てることを目指しています。具体的には,クロマトグラフィーや電気泳動などの分離場に特異な化学反応を組み合わせることによる新規分析システムの構築などを行っています。
 物理化学分野では,分光学を中核とした研究を行っています。特に,液体界面の分子や生体高分子の構造とダイナミクスを明らかにするための独自の先端的レーザー分光法を開発しています。界面分子は特異な物理化学的性質を示すことが明らかにされつつありますが,私たちはその最も有力な研究手段である和周波発生分光の新しい方法の開発で世界をリードしています。また,タンパク質などの生体高分子の複雑な挙動を調べる方法として,蛍光相関分光法の新規技術開発に取り組んでいます。

 

  



協力講座 −科学分析支援センター

 


PAGE TOP