ホーム > 受験生のみなさん > 学科紹介Q&A

学科紹介Q&A

大学受験生のための応用化学科紹介(Q&A)

 受験生のみなさん、埼玉大学工学部応用化学科へようこそ!
 このページでは、当学科を知る上で重要なことをQ&A形式で紹介しています。このページを見れば、この学科で何が学べ、将来はどのような道が待っているのかがおおよそ分かります。ぜひ参考にして下さい。上のメニューバーあるいは下のQ&Aにあるリンクから、さらに詳しい情報が見られますので、そちらもぜひご覧ください。



Q1.埼玉大応用化学科で何が学べるの?

A1.

 埼玉大工学部応用化学科では,「化学反応を使った社会に役立つ研究と教育」をしています。
 将来,社会に出た時に,化学分野で活躍する人材を多く輩出することを目指しています。
 そのために,「化学」の基礎的な学問から,それらを応用して創り出された「化学技術」までを,講義や最先端の研究を通して学べる教育プログラムを用意しています。

 我々教員は,「化学が大好きな人」,「化学を使ったものづくりで社会に貢献したい人」を大募集しています。埼玉大応用化学科で一緒に「応用化学」を学んでみませんか?

 詳しくは,応用化学科の教育応用化学科の研究のページを見て下さい。



Q2.埼玉大応用化学科の特徴は?

A2.

 埼玉大応用化学科は,他の大学の応用化学科や理学部の化学科とどう違うのでしょうか?
 まず第一に,埼玉大応用化学科はバランスのとれた化学教育を行っています。

 教員は,「物理化学」,「有機化学」,「無機化学」,「分析化学」,「化学工学」の5つの化学の基本分野のエキスパートで構成されており,それぞれの専門分野の第一人者が丁寧に講義をしています。
 化学全般が好きという人から,まだ,化学分野のうちどれを専門に学びたいか,決まっていない人まで,卒業するまでに自分にピッタリな化学の分野が見つかるはずです。
 もし,あなたが埼玉大応用化学科に入学して,将来,どんな研究ができるか知りたければ,研究紹介のページを見て下さい。化学を使ってどんな未来が描けるかが垣間見れるはずです。

 さらに,埼玉大応用化学科の教員による講義は,学生による授業評価も毎年高く,多くの学生が講義内容に満足していることも特徴です。教員インタビューも参考になると思います。

 

 また,理学部と工学部の化学科の違いは,極端に言うと,理学部では「化学反応のメカニズムを追う」「真理を探究する」のに対し,工学部では「化学反応を使って役立つ技術を創り出す」「化学を使ったもの創りをする」というスタンスであるといえるでしょう。ただし,理学部でも工学部でも両方のスタンスを大事にしていることは言うまでもありません。



Q3.埼玉大応用化学科を卒業したら何になれるの?

A3.

 応用化学科の卒業生の多くは,化学関連の製造業に就職します。また,卒業生のうちの約半数はより高度な学問を学ぶために大学院に進学します。このように,学部生の約95%は望みの進路へ進学することが出来ます。
 就職先の業種は多岐に渡っており,化学分野のほぼ全ての業種が含まれています。言いかえれば,自分にとって働きたい化学分野に就職できる可能性があるといえるでしょう。
 また,製造業以外にも,公務員や教員(応用化学科では中学高校の化学の教員免許が取得できます)になる人も毎年います。
 詳しくは,進路について卒業生インタビューをみて下さい。応用化学科を卒業した時の未来像が想像できると思います。



Q4.応用化学科での学生生活は?

A4.

 応用化学科での学生生活の特徴は,化学を学ぶための環境が充実していることが挙げられます。カリキュラムに関しては,一年生では,化学に関する基礎学問を中心に講義を受けます。また,二年生から始まる「応用化学実験」も充実しており,化学の基礎的な技術の習得ができます。二年生と三年生では,より専門的な講義を用意しており,化学分野全体を俯瞰して学べるでしょう。さらに,工場見学,インターンシップ,社会人が講師をする講義も用意しており,化学技術者・研究者としての将来像を描ける教育プログラムを4年間に渡って受けることになります。

 4年生になると,研究室に配属され,研究活動やプレゼンテーションを通して,研究能力や討論する力を養います。卒業するころには,最先端の研究も経験し,社会に出ても第一線でやっていける実力が身についているはずです。
 希望者は,学内外の留学プログラムを使って海外留学も可能です。また,埼玉県という良い立地条件から,共同研究や就職活動がしやすい環境が整っています。
 より具体的な学生生活については,在校生インタビュー学生の一日を見れば,学生間の雰囲気も含めてより詳しく知ることができます。



Q5.入るにはどうしたらいいの?

A5.

 まず,応用化学科では,化学を通して,もの創りの心を大切にし,豊かな創造力と柔軟な思考力のある学生を養成しようとしています。将来的には,化学の知識と技術で国際的にも活躍する人を輩出することを目指しています。
 ですので,上記の様な社会人になるために必要な数学,物理,生物,英語等の基礎学力を有し,暗記能力だけでなく,論理的に問題解決ができて,国際的に活躍する意欲のある学生を募集しています。

 また,入試に関しては,化学の配点が高いことが特徴です。また,前期(25人)よりも後期(38人)の方が募集人数が多いことも特徴といえます。詳しくは,入試についてのページを見て下さい。

 さらに,皆さんに埼玉大応用化学科をよりよく知ってもらうために,実際に学科内を見学できる行事を幾つか行っています。例年,8月頃に行われるオープンキャンパスサイエンススクール,大学祭(むつめ際)の時に開かれるオープンラボです。
 実際に来て見学できれば,学科の雰囲気も良く分かりますし,教員たちとも話して,個人的に質問もできます。ぜひ,一度来てみて下さい。


PAGE TOP