工学部 応用化学科

学科紹介

石丸 雄大

 
 石丸 雄大
 Yoshihiro Ishimaru
   
 専門分野 有機合成化学 有機超分子化学
 職位 准教授
 学位 博士(理学)

 


 担当科目

 分子構造解析

 経歴

 1988年 大阪府立大学工学部応用化学科卒業
 1990年 大阪府立大学大学院工学研究科修士課程応用科学専攻修了
 1994年 神戸大学大学院自然科学研究科物質科学専攻博士課程修了
 1994年 埼玉大学工学部機能材料工学科 助手
 2002年 埼玉大学工学部機能材料工学科 助教授
 2006年 埼玉大学大学院理工学研究科 助教授
 2007年 埼玉大学大学院理工学研究科 准教授

 研究紹介

 有機合成化学を用いて機能分子の合成を行っています。一つは、超分子化学を指向し、水中で機能するシンプルなシクロデキストリン二量体並びに多量体の合成を行い、その疎水空孔評価を行っています。もう一つは、芳香族化学に関する新しい構造を提案するために、反香属化合物といわれる全く新しい化合物群を合成し。その機能評価を行っています

 研究業績(論文)

N. Shimomura, Y. Egawa, R. Miki, T. Fujihara, Y. Ishimaru, T. Seki,

Red fluorophore comprising of a borinate-containing xanthene analogue as a polyol sensor, Org. Biomol. Chem., Vol. 14, pp. 10031-10036 (2016).

 

Y. Ishimaru, N. Shimoyama, T. Fujihara, J-i. Setsune,

Synthesis and antiaromatic properties of highly planar dithiaamethyrin, Chem. Asian. J., Vol. 10, pp. 329-333 (2015).

 

Y. Isihimaru, Y. Kojo, T. Masuda, S. Saito, Y. Yue, Y. Fujisaki,

Design on head-to-tail directly linked homogeneous and heterogeneous cyclodextrin dimers and their evaluation of hydrophobic cavity, Tetrahedron Lett., Vol. 55, pp. 2438-2441 (2014).

 

M. Suzuki, Y. Ishimaru, A. Saito, K. Nishigaki,

Simple Preparation of Green Fluorescent Protein Conjugated with beta-Cyclodextrin in a Site
Specific Manner”, Analytical Sciences, Vol. 29, pp. 811-814 (2013).

 

Y. Takashima, M. Osaki, Y. Ishimaru, H. Yamaguchi, A. Harada,

Artificial Molecular Clamp: A Novel Device for Synthetic Polymerases”, Angew. Chem. Int. Ed., Vol. 50, pp. 7524-7528 (2011).

 所属学会・協会

 日本化学会
 有機合成化学協会
 シクロデキストリン学会
 アメリカ化学会