工学部 応用化学科

学科紹介

安武 幹雄

 
 安武 幹雄
 Mikio Yasutake
   
 専門分野 分析化学・環境化学分野
 職位 講師
 学位 博士(理学)

 


 担当科目  有機化学演習I

 機器分析

 有機材料化学特論(MC)

 経歴

学歴
 平成8年 3月  九州工業大学 工学部 物質工学科 卒業
 平成8年 4月  九州工業大学大学院工学研究科物質工学専攻 博士前期課程入学
 平成10年3月  同上修了
 平成10年4月  九州大学大学院理学研究科分子科学専攻 博士後期課程入学
 平成13年3月  同上修了 博士(理学)
職歴
 平成13年4月  近畿大学分子工学研究所
                    ヘンケル先端技術リサーチセンター 研究員
 平成15年7月  埼玉大学 工学部 応用化学科 分子プロセス工学講座 助手
 平成19年4月  埼玉大学大学院理工学研究科 物質科学部門 物質機能領域 助教
 平成20年4月  埼玉大学  総合研究機構 科学分析支援センター 講師
            現在に至る

 研究紹介

 安武研究室では、液晶の特性を活かし高い均一薄膜の形成と自己組織化を利用した次のような有機半導体の研究を行っています。液晶は結晶の秩序性と液体の流動性を持つ状態の一つとして知られています。このような状態をうまく活かし、機能を持つ有機分子に液晶性を持たせた材料の開発を行っています。

 研究業績(論文)

Synthesis and Hole Transport Properties of Highly Soluble Pyrene-Based Discotic Liquid Crystals with Trialkylsilylethynyl Groups., T. Hirose, Y. Shibano, Y. Miyazaki, N. Sogoshi, S. Nakabayashi, M. Yasutake., Mol. Cryst, Liq. Cryst., 534, 81-92 (2011). 


Liquid-Crystalline Behavior and Structure of Charge-Transfer Complexes of Pyrene Derivatives with Four Linear Alkanoyloxy Substituents., T. Hirose, T. Yumoto, K. Matsumoto, S. Mitsushio, O. Kawakami, M. Yasutake, Mol. Cryst, Liq. Cryst., 524, 68-101 (2010).


Synthesis and Phase Structures of Novel p-Acceptor Discotic Liquid Crystalline Compounds Having a Pyrenedione Core., M. Yasutake, T. Fujihara, A. Nagasawa, K. Moriya, and T. Hirose, Eur. J. Org. Chem., 4120–4125 (2008).


Synthesis of 3,3'-(4H,4'H)-spirobi(2H-naphtho[1,2-b]pyran)-6,6'-dicarboxylic acid and its  optical resolution., K. Tojo, T. Arisawa, M. Yasutake, Y. Aoki, D. Terunuma, Chem. Lett., 37, 930-931 (2008).

 

 所属学会・協会

 日本化学会

 日本液晶学会