工学部 応用化学科

学科紹介

小玉 康一

 
 小玉 康一
 Koichi Kodama
   
 専門分野 有機材料化学・プロセス工学分野
 職位 准教授
 学位 博士(工学)

http://www.apc.saitama-u.ac.jp/ykogyo/


 担当科目

 有機反応化学Ⅱ

 有機材料化学Ⅱ

 応用化学実験Ⅰ

 超分子化学特論(MC)

 固体有機化学特論(DC)

 経歴

 2002年 東京大学工学部化学生命工学科卒業
 2004年 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻修士課程修了
 2007年 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻博士課程修了 博士(工学)
 2007年 横浜国立大学工学研究院 博士研究員
 2008年 埼玉大学大学院理工学研究科 助教
 2015年 埼玉大学大学院理工学研究科 准教授

 研究紹介

 医薬品中間体などに用いられる光学活性体の効率的な入手法の開発に関する研究を行っている。
 特に結晶場における分子間相互作用の解析と空間デザインを利用した高度なキラル認識を目指している。
 また、入手したキラル化合物を利用した新規な不斉合成反応への展開も行っている。

 研究業績(論文)

L. Wang, G. Zhang, K. Kodama, T. Hirose, "An efficient metal- and solvent-free organocatalytic system for chemical fixation of CO2 into cyclic carbonates under mild conditions", Green Chem., 18, 1229 (2016).


K. Kodama, Y. Morita, E. Sekine, T. Hirose, "A systematic study on ternary inclusion crystals consisting of dianilines and three positional isomers of ditoluoyl-L-tartaric acid", CrystEngCommun., 18, 123 (2016).


L. Wang, L. Lin, G. Zhang, K. Kodama, M. Yasutake, T. Hirose, "Synthesis of cyclic carbonates from CO2 and epoxides catalyzed by low loadings of benzyl bromide/DMF at ambient pressure", Chem. Commun., 50, 14813 (2014).

 

K. Kodama, H. Shitara, T. Hirose, "Chirality Switching in Optical Resolution of Mandelic Acid in C1-C4 Alcohols: Elucidation of Solvent Effects Based on X-ray Crystal Structures of Diastereomeric Salts", Cryst. Growth Des., 14, 3549 (2014).

 

H. Shitara, T. Shintani, K. Kodama, T. Hirose, "Solvent-Induced Reversed Stereoselectivity in Reciprocal Resolutions of Mandelic Acid and erythro-2-Amino-1,2-diphenylethanol", J. Org. Chem., 78, 9309 (2013).

 所属学会・協会

 日本化学会(有機結晶部会)

 高分子学会