工学部 応用化学科

学科紹介

齋藤 伸吾

 
 齋藤 伸吾
 Shingo Saito
   
 専門分野 分析化学
 職位 教授
 学位 博士(工学)

http://www.apc.saitama-u.ac.jp/bunseki/index.html


 担当科目

 分析化学演習
 分析化学III
 応用化学実験II
 分析化学特論I(MC)

 分離計測化学特論II(DC)
 経歴

 1996年 東北大学工学部分子化学工学科卒業
 1998年 東北大学大学院工学研究科博士前期課程応用化学専攻修了
 2001年 東北大学大学院工学研究科博士後期課程応用化学専攻修了
 2001年 北見工業大学工学部化学システム工学科 助手

 2007年   埼玉大学大学院理工学研究科 准教授
 2017年   埼玉大学大学院理工学研究科 教授
 研究紹介

 電気泳動法(キャピラリー電気泳動法やゲル電気泳動法)と蛍光プローブを組み合わせた超高感度分離検出法の開発を中心に研究を進めている。近年では,タンパク質結合型金属イオンのスペシエーション(化学種同定)を可能とするゲル電気泳動法による生体中金属イオンの分布計測や,アトモルレベルの超微量アクチノイドイオンを検出可能なキャピラリー電気泳動法による放射性廃棄体中の金属イオンの計測などを研究している。
 この他,細菌類や分子認識可能な核酸(DNAアプタマー)の分離法の開発や,糖分子を選択的に認識する金属錯体に関する研究を行っている。

 研究業績(論文)

K. Ouchi, S. Saito* et al.,Molecular Design of Boronic Acid-Functionalized Squarylium Cyanine Dyes for Multiple Discriminant Analysis of Sialic Acid in Biological Samples: Selectivity Toward Monosaccharides Controlled by Different Alkyl Side Chain Lengths," Analytical Chemistry, 87, 1933-1940 (2015).

 

T. Haraga,* S. Saito* et al., "Application of Capillary Electrophoresis with Laser-Induced Fluorescence Detection for Determination of Trace Neodymium in Spent Nuclear Fuel Using Complexation with an Emissive Macrocyclic Polyaminocarboxylate Probe," Analytical Sciences, 30, 773-776 (2014).

 

S. Saito* et al., “Separation of Metalloproteins Using Novel Metal Ion Contaminant Sweeping Technique
and Detection of Protein-Bound Copper by A Metal Ion Probe in Polyacrylamide Gel Electrophoresis: Distribution of Copper in Human Serum,” Analyst, 138, 6097-6105 (2013).

 

K. Ouchi, S. Saito,* M. Shibukawa, “A New Molecular Motif for Recognizing Sialic Acid Using Emissive Lanthanide-Macrocyclic Polyazacarboxylate Complexes: Acid-Dissociation of A Coordinated Water Molecule Controls Selectivity,” Inorganic Chemistry, 52(11), 6239-6241 (2013).

 

S. Saito et al., “On-Column Labeling of Gram-Positive bacteria with a Novel Boronic Acid Functionalized Squarylium Cyanine Dye for Analysis by Polymer-Enhanced Capillary Transient Isotachophoresis,” Analytical Chemistry, 84, 2454-2458 (2012).

 

S. Saito* et al., “Highly sensitive detection of neodymium ion in small amount of spent nuclear fuel samples using novel fluorescent macrocyclic hexadentate polyaminocarboxylate probe in capillary electrophoresis-laser-induced fluorescence detection,” Journal of Chromatography A, 1232, 152-157 (2012).

 

S. Saito* et al., “Ultrasensitive CE for heavy metal ions using the variations in the chemicalstructures formed from new octadentate fluorescent probes and cationic polymers,” Analyst, 136(13), 2697-2705 (2011).

 所属学会・協会

 分析化学会
 日本化学会