工学部 応用化学科

学科紹介

荻原 仁志

 
 荻原 仁志
 Hitoshi Ogihara
   
   
 職位 准教授
 学位 博士(工学)

 http://park.saitama-u.ac.jp/~catalysis/index.html


 担当科目  物理化学Ⅱ
 物理化学演習Ⅱ
 応用化学実験Ⅰ
 経歴

 2000年 東京工業大学工学部化学工学科応用化学コース 卒業
 2005年 東京工業大学大学院理工学研究科応用化学専攻博士後期課程 修了
     博士(工学)
 2005年 日本学術振興会特別研究員
 2007年 東京工業大学大学院理工学研究科物質科学専攻 助教
 2016年 東京工業大学物質理工学院応用化学系 助教
 2017年 埼玉大学大学院理工学研究科 准教授

 研究紹介

 触媒化学、電気化学、ナノテクノロジーを基盤に、資源・エネルギー問題の解決に資するプロセスの開発を行う。天然ガスを有効に活用するための触媒設計、省エネルギー型水素発生を目指した電解アルコール改質、ナノレイヤーが発現する特異な触媒作用について研究を進めている。

 研究業績(論文)

Y. Inami, H. Ogihara, I. Yamanaka, “Selective electrohydrogenation of toluene to methylcyclohexane using carbon-supported non-platinum electrocatalysts in the hydrogen storage system” ChemistrySelect 2017, 2, 1939.

 

H. Ogihara, T. Maezuru, Y. Ogishima, I. Yamanaka, “Electrochemical reduction of CO2 to CO by a Co-N-C electrocatalyst and PEM reactor at ambient conditions” ChemistrySelect 2016, 1, 5533.

 

R. Kanega, H. Ogihara, I. Yamanaka, “Electrosynthesis of diphenyl carbonate by homogeneous Pd electrocatalysts using Au nanoparticles on graphene as efficient anodes” Catal. Sci. Technol. 2016, 6, 6002.

 

H. Ogihara, M. Fujii, T. Saji, “Hydrogen evolution reaction (HER) over electroless-deposited nickel nanospike arrays” RSC Advances 2014, 4, 58660.

 

H. Ogihara, J. Xie, J. Okagaki, T. Saji, “Simple method for preparing superhydrophobic paper: spray-deposited hydrophobic silica nanoparticle coatings exhibit high water-repellency and transparency” Langmuir 2012, 28, 4605.

 所属学会・協会

 日本化学会
 触媒学会
 石油学会
 表面技術協会
 電気化学会