工学部 応用化学科

学科紹介

三小田 憲史

 
 三小田 憲史
 Sankoda Kenshi
   
 専門分野 環境化学、水環境科学
 職位 助教
 学位 博士(環境共生学)

 


 経歴

 2008年 熊本県立大学 環境共生学部 環境共生学科 卒業
 2010年 熊本県立大学大学院 環境共生学研究科 博士前期課程修了
 2013年 熊本県立大学大学院 環境共生学研究科 博士後期課程修了
 2012年 日本学術振興会特別研究員
 2013年 スイス連邦工科大学チューリッヒ校 客員研究員
 2014年 熊本県立大学 研究支援員 
 2015年 埼玉大学理工学研究科 助教

 研究紹介

 主に水環境に着目して、環境化学に関する研究を行っています。例えば、水圏汚濁物質の挙動解明や自然の自浄作用を活用した汚染物質の低コスト分解技術の開発など、環境との調和やより良い環境管理手法の構築に貢献する研究を行っています。

 研究業績(論文)

Kenshi Sankoda, Izumi Toda, Kazuhiko Sekiguchi, Kei Nomiyama, Ryota Shinohara. Aqueous secondary formation of brominated, chlorinated, and mixed halogenated pyrene in presence of halide ions. Chemosphere, 171, 399–404, 2017.

 

Kenshi Sankoda, Kotarao Murata, Mai Tanihata, Kengo Suzuki, Kei Nomiyama, Ryota Shinohara. Seasonal and diurnal variation of organic UV filters from personal care products used along the Japanese coast. Archives of Environmental Contamination and Toxicology, 68, 217–224, 2015.

 

Kenshi Sankoda, Tomonori Kuribayashi, Kei Nomiyama, Ryota Shinohara. Occurrence and source of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons (Cl-PAHs) in tidal flats of the Ariake Bay, Japan. Environmental Science and Technology, 47, 7037–7044, 2013.

 

Kenshi Sankoda, Kei Nomiyama, Tomonori Kuribayashi, Ryota Shinohara. Halogenation of polycyclic aromatic hydrocarbons by photochemical reaction under simulated tidal flat conditions. Polycyclic Aromatic Compounds, 33, 236–253, 2013.

 

Kenshi Sankoda, Kei Nomiyama, Takayuki Yonehara, Tomonori Kuribayashi, Ryota Shinohara. Evidence for in-situ production of chlorinated polycyclic aromatic hydrocarbons on tidal flats: environmental monitoring and laboratory scale experiment. Chemosphere, 88, 542–547, 2012.

 

Kenshi Sankoda, Hideki Matsuo, Mikuni Ito, Kei Nomiyama, Koji Arizono, Ryota Shinohara. Identification of triclosan intermediates produced by oxidative degradation using TiO2 in pure water and their endocrine disrupting activities. Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology, 86, 470–475, 2011.